メリットだけを見ない

異変に早く気がつこう

車を買ったら、自分でも点検することを意識してください。
知識を持っていない人は、どの部分を点検すればいいのかわからないでしょう。
ある程度は勉強しないと、異変が起こっておいても気づけません。
自分で点検しなければいけない部分が、車を買った際のデメリットだと言われています。
異変に気づいた時点で修理してもらいましょう。

発見が早ければ、すぐ元通りになります。
発見が遅れると、治らないかもしれません。
仮に修理できても、高額な費用が発生します。
毎日使うものだからこそ、異変に気がついてください。
修理してくれるお店のスタッフと、信頼関係を築くことも重要です。
仲良くなっていれば、少しでも異変が起こった時にすぐ相談できます。

途中で解約できない

急に車が必要なくなったら、リース契約を解除したいと感じるかもしれませんね。
しかし、途中で解約できない決まりのお店が多いです。
まだ契約が続いているなら、完了するまで料金を支払い続けてください。
無理に解約すると、違約金が発生します。
より高額な費用が発生するので、本当に車に乗る期間だけ借りてください。

最初に自分で、契約する期間を選択できます。
この時に長い期間を選択してしまうと、解約したくてもできない状態になります。
短い期間を選択した方がいいでしょう。
もし足りなければ、契約が終わったらまた次の契約を結んでください。
同じ車を選択できますし、気分を変えたいなら別の車を選んでもいいと思います。
リース期間を、よく考えてください。


シェアする

B!