新車購入とカーリースどっちがお得?

両方のメリットとデメリット

新車を購入するべき人とは

通勤や通学で車を使う予定の人は、買うか借りるか決めなければいけません。
新車を購入するメリットは、自分の好きな車を購入できる面です。
この車がいいと、こだわりをもっている人がいるでしょう。
リースの場合は選択できる車の種類が限られているので、好みの車種を見つけるまでに時間がかかります。
どうしても見つからなくて、妥協しなければいけないかもしれません。
また、代金を支払えば完全に自分のものにできます。
自由にカスタマイズしてもいいですね。

リースは、税金がかかりません。
車を購入した時は、毎年税金を知支払います。
ですから車の本体価格だけではなく、その後の費用も用意しなければいけません。
保険代もかからないので、費用を抑えたい人はリースの方がいいかもしれませんね。
メンテナンスもしてくれるので、いつでも安全な車に乗ることができます。
契約が終了すれば別の車を再びリースできるので、様々な車に乗れる面も嬉しいです。

新車を買った時は、自分でメンテナンスをしなければいけません。
知識を持っていない人は、大変かもしれませんね。
車を毎日運転していれば、ささいな異変にも気づけると思います。
少しでもおかしいと思ったら、専門家に相談するといいでしょう。
車を販売しているお店に行くと点検してくれるので、早く修理できます。
リースする場合は、途中で解約できないパターンが多いと覚えておきましょう。
解約する際は、違約金が発生する場合もあります。

買うか借りるか判断しよう

好きな車に乗りたいと思っている人は、車を買った方がいいです。 選択肢が広いので、希望通りの種類が見つかるでしょう。 また自分好みに、カスタマイズしたい人にもおすすめです。 リースしている車は、勝手にカスタマイズできないのでおもしろくないかもしれませんね。

安い出費で抑えたい人

新しく車を買う時は、高額な費用が必要になります。 それに比べてリースするなら、もっと安い費用で済みます。 税金や保険料などもかからないので、出費を抑えることができるでしょう。 予算が少なくて購入を迷っているなら、リースして車を使った方がお得です。

メリットだけを見ない

購入する場合もリースする場合も、デメリットがあります。 車を買う時は、自分で異変に気づかなければいけません。 簡単でいいので、いつもチェックすると安心ですね。 リースする際は、解約に関する決まりを把握しておきましょう。 解約する時は、違約金が発生することが多いです。